家づくりは自由な発想で。京都でのリフォームなら【ミセガマエヤ】

無料相談
京都のリフォーム ミセガマエヤ
人生を楽しむ

京都で戸建て中古住宅やマンションのリノベーション、デザインリフォーム

 
homeworksprofileblogaccesscontact
 
 
家づくりセミナー 
HOME   >   ラクガキマンの想い
こだわり
 
*創業の想いにこだわる
*あなたを知ることにこだわる
*ミッションにこだわる
*家探しからにこだわる
*空気感にこだわる
*古いものにこだわる
*デザインにこだわる
*子育て環境にこだわる
*色づかいにこだわる
*自然材料にこだわる
*京都の気候対策にこだわる
*中古住宅×リノベにこだわる
*DIY推進にこだわる
*言いやすいにこだわる
*お客様メリットにこだわる
*コスト削減にこだわる
*見積にこだわる
*ゆっくり進めるにこだわる
*職人満足にこだわる
*耐震対策にこだわる
 
もろもろご紹介
 
*お客様の声
*DIYお客様体験記
*よくある質問
 
 
ラクガキマンの想い
 
前へ 次へ
 
 
 

〜柱のラクガキが大切にされるような家を創ろう!〜

 

子どもの頃は家の鍵をかけなくてもよいほど隣近所の交流があり

近所の悪ガキ仲間と山や川で遊んだり、田んぼでザリガニ採りをしたりと

ワクワクする遊び場がありました。

 

私がイメージするワクワクする空間は子どもの頃の

原風景からなっているように思います。

 

現在は、田んぼや畑は減り、自然を感じる遊び場所が極端に減りました。

子どもたちが「遊び」を通して友達と関わる機会も少なくなっています。

近頃は道にチョークでラクガキする子どもも見かけなくなりました。

公共の道路に落書きはいけないことかもしれません。

ただ、チョークや石で描いた子どものラクガキはいづれ雨で消えてなくなります。

そのような風景が見れないのは少し寂しいと感じてしまいます。

 

世の中は「悲しいニュース」が増え続けています。

ひきこもりや、少年犯罪が増え、児童虐待や言葉にもならない

悲しい事件が当たり前のように報道されています。

現在、私たちの住む京都だけで、40人のストリートチルドレンがいるそうです。

半分は親に捨てられ、半分は親から虐待を受け、家から逃げだした子供たちです。

私は、京都にストリートチルドレンがいることすら知りませんでしたので

本当にショッキングでやりきれません!

「親の心が鏡となり、子どもたちの心にそのまま投影されている」といいます。

親の歪んだ心がそのまま子どもに投影され、子どもの心が歪んでいく、

その子もやがて親になり同じことを繰り返す。

完全に負の連鎖になっているのが現在の日本社会です!

「このままでは子供たちや孫たちの時代は大変な事になってしまう!!」

私にも3人の息子がいますので、他人事ではいられません!

 

私の生業とする建築業界が作ってきた住環境といえば

子どもが萎縮して生活しなければならないようなピカピカの新築マンション

建売住宅ではビニールに木目がプリントされたニセモノ素材がびっしり。

 

「ほんまにこんなんでエエんか??」

「体裁と便利さだけ整えただけでほんまにエエんか??」

「こんな環境で子育てしてていエエんか!?」

疑問と何とも言えない苛立ちを感じていました。


そんなことを考えていたある日、、

長男が書いた「ラクガキ」がふと、目に留まりました。

「あはっ、可愛いいなあ・・・」

 

「これや!!!」

 

「柱のラクガキが大切にされるような家を創ろう!」

「ラクガキのように遊び心があって、子どもも大人も楽しく暮らせる家。」

 

この二つを居住空間のテーマにしよう!!と思いました。

 

「単に古い家を新しく綺麗にリフォームするだけではあかん!

ほんまに必要なんは人の価値観をリノベーション(再生)していこう」

「ラクガキ」というキーワードが平和のシンボルイメージとなった瞬間でした。

 

 

                     〜ラクガキで世界平和を〜

ラクガキマン (胡内義和)




 
ページTOPへ▲
 
前へ 次へ
   
HOMEへ戻る
 
 
 
homeworksprofileblogaccesscontact
人生を楽しむ[めっちゃ自分らしい家]ミセガマエヤ
〒607+8166京都市山科区椥辻番所ヶ口町45+12 インサイトコート椥辻(海のあるマンション)202号室 TEL075+502+0505